海外エネルギー事業ENERGY

 これまで九電グループが国内外で蓄積した技術・ノウハウを活かし、市場の成長性が高いアジアを中心に、IPP事業を軸とした海外エネルギー事業を展開しています。

海外コンサルティング事業CONSULTING

 九州電力では、グループ会社をはじめとした専門性の高いパートナーと協力し、幅広い電力・エネルギー分野を対象に、海外コンサルティングを実施してきました。

キューデン・インターナショナルは、2017年4月より、九電グループの海外コンサルティングの実施の中核としてこれを継承しました。今後も、グループ各社と協力しながら、各国の電力安定供給、環境・省エネに貢献していきます。
[コンサル実績:23ヵ国・地域85件](2021年6月現在)

ウクライナ

モンゴル

カーボヴェルデ

ナイジェリア

ガーナ

ルワンダ

タンザニア

シブチ

ミャンマー

中国

台湾

セルビア

エジプト

サウジアラビア

タイ

フィリピン

ベトナム

インドネシア

キューバ

ウズベキスタン

ケニア インド マーシャル

[近年の実績]

参考:九州電力ホームページ「海外電気事業の取組み」